読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ravelll の日記

よしなに

読書記録をつけ始めた

1日12ページの読書も1年続ければ4400ページ、4400ページは Linux プログラミングインタフェース2回読んでも足りないページ数、それはつまり知、糧、ということで日の平均読書量が12ページを超え続けるよう読書記録をつけ始めた。

記録方法はシンプルで、1日ごとに (1日の読了ページ数 - 12) を加算した値をツイートするというもの。最近よく忘れるので数日ごとになってる。

この記録方法にはいくつか問題があって、まず過去の記録が振り返りづらい。これはハッシュタグで改善できそうなので早速今日からやっていくことにする。

累積記録が分からないのも問題で、おかげでページ数が直接の目的になりづらくなっている感もあるけど、達成感がイマイチ。あれこれ並列に読まず1冊ずつ読了してブクログに読了記録から達成感を得ていくと良いのだろうか。でもオブジェクト指向入門800ページ以上あるし....

あと電子書籍だとページ数が分からないのも困る。最近技術書の半数は電子書籍で買ってるから結構な頻度で困る。現場を見てからソリューションを考えるべきだった。今は Amazon にあるページ数と Kindle の読了パーセンテージから適当につけてる。

ちなみに今はプログラマのための SQL 第4版を読んでる。今更ながら Web アプリケーションエンジニアとして SQL に疎いのは致命的な気がしてきたのでチェック付けつつじっくり進めてる。プログラミング Elixir も届いてるので早くそっちも読みたい。

プログラマのためのSQL 第4版

プログラマのためのSQL 第4版

プログラミングElixir

プログラミングElixir

今ある積読を片付けるだけでも4000ページ超えるし、ばんばん片付けてばんばん楽しいことをやっていきたい。あとここしばらく日記の締めを雑にしがちだと思う。

最近の IIDX

game

最近は週に1日くらいの頻度でやりに行ってる。今日は EXPERT の SECRET に追加された曲をあれこれ解禁した。これで今作のイベント曲は大方出たと思う。SHIKI さん xi さんなど、BMS 界隈で有名だった人たちがまた更に IIDX に進出していてびっくりした。

SP/DP 一通りやったけど激烈に難しい曲は特に無かった。ただ自身が衰えすぎていて Grand Chariot の DPA は AAA 出せず。このゲームは速くて多いとクる。

衰えの状態を少し具体化すると、縦方向も横方向も認識の精度が酷く落ち、手の感覚の解像度が著しく下がって常に少しかじかんでいるような状態になってしまった。思えばこの数ヶ月、IIDX だけでなくピアノも触れる頻度が激減していて、それはそうなるだろうという感じ。

IIDX も幾らか悲しいけどピアノが弾けない悲しさは中々なので、早速今日から感覚を戻すべくやっていく次第。

新卒エンジニアたちに計算量の話をした

tech

今年も弊社は新卒エンジニア向けに座学をする季節になりました。

自分は毎回興味はあるけど知識がない分野を教えることにして無理やり学習機会を作るスタイルでやっていて、今回は計算理論について教えることにした。

speakerdeck.com

1時間で教えるには無理のある分野だったので興味を持ってもらうことをゴールとし、実習なしでもそれなりに理解できてキャッチーな話題を集めた。

学習意欲の強い新卒氏たちのことなので興味さえ湧けば各々やってくれると思っての構成だったけど、それなりに興味を持って聞いてくれたようだったし、得たものもあったようで良かった。

自分自身さわりの部分しか学んでないし熱も出ているところなので、もう少し学習を続けようと思う。

虫姫さまをやってる

引っ越し以来ダンボールに詰まっていたゲームハードを出したらふとやりたくなって、久しぶりにやっていた。モードはウルトラをやってる。

CAVE のシューティングは半分くらいの作をやって、特にやった怒首領蜂大往生は2週目の4面まで到達する程度にはやった。

虫姫ウルトラは1面はそれなりの成功率でノーミス1ボムでいけるようになり、2面を攻略中。道中はすぐノーミスノーボムでいけるようになったけどとにかくボスが強い。特に第1・2形態が手に負えない、何なのあれ、既にノーマルのラスボスより強い。

クリアしてる人はどうやってるもんなんだと動画見てみたら上手いことボム使って弾避けてなかった。そういうことか。

youtu.be

CAVE シューの多くはパズル要素が強くて、正しいタイミングで正しい方向に自機を動かせば弾を見る必要すらない場面も多い。最も容易に避けられるパターンを探して、それを安定して実行できるように分かりやすい目印を探すプロセスが面白い。

クリアまで目指すと先の長さが心に来るのでひとまず4面到達くらいを目標にちょいちょいとやっていこう。

エリックサウス 東京ガーデンテラス店

curry

カレー部の活動として永田町のエリックサウスに行ってきた。店は今日グランドオープンした東京ガーデンテラス紀尾井町にあって、和洋中の小洒落たお店が並んでいた。向かいの店がガラス越しに牡蠣を開け続けていて気持ちよさそうだった。

エリックは持ち帰り専門店だったけど渋谷の東急地下にもあって、平日の昼にビリヤニが食べたくなったときによく買いに行っていた。渋谷でビリヤニが食べられるのは知る限りここだけだったんだけど、1月ほど前に退去してしまった。未だに悲しい。

今回はドリンク別で3,000円のコースで、どのメニューもかなり美味しかった。よくある布陣かとおもいきや、トマトのポリヤルや砕いたココナッツをまぶして揚げたムール貝?など、ちょこちょこ珍しいメニューもあって面白かった。当然ながらビリヤニも持ち帰りのものより遥かに美味しくて、ライタをかけたときの爆発っぷりは過去食べたビリヤニの中でも最高位だったと思う。 あと次鋒くらいに出てきたグリルした鶏肉に謎の緑色のソースがかかったスパイシーな何かが見た目の3倍くらい美味しくて面食らった。バジル、マスタード、りんご、パクチー、クミンをジャッとやると近い雰囲気になりそうなので今度やってみよう。

今回も大変善い部活動でした。次回の活動が待ち遠しい。

気持ちをメモするぞ

最近何か本を読んだりコード読んだり書いたりするときに、これは自身の役目や目標を考えたとき最優先にすべきなのか、そもそも自身の役目とはなにか、エンジニアとしての理想とはなにか、人とは、生命とは、概念、といったことを考えてしまっていたんだけど、今後数十年エンジニアを続けるとしても2年後すら何をやるか何をやりたくなるかなんて分からないのでまあ気にせずやっていけばいいんでないの、という気持ちになったのでメモしておきます。よろしくお願いします。

担当サービスの Issue を 600 個くらい Close した

tech

この1週間くらいで 600 個くらい Issue を Close した話です。

やっていたところたまたま id:hitode909 さんが Issue を閉じる話をされていて、弊社もアウトプットする気持ちとなりました。

背景

今携わっているサービスはコードベースが 30 リポジトリくらい(小さなサービスが 10 個くらい、botバッチ処理等の小さなプログラムが 20 個くらい)に分かれている。Issue は情報の分散を避けるため専用のリポジトリ1つにだけ立てるよう決められている。

ある日、Open な Issue が 1000 を超えた。KPI、営業、バグ、改善案、問い合わせからの調査依頼、個人のメモなど、多様な Issue が茂っていた。棚卸しをしよう、という話から1日で100個以上の Issue が Close されることもあったけど、すぐに元の Open 数に戻っていった。

これにはずっと嫌だなあと感じていた。自身の担当領域を超えてサービス全体の動向を俯瞰することが難しいし、対応すべきなのか否かが Issue から汲めず author に直接聞く、という流れが面倒だった。

そんな日々がしばらく続き、多少強引にでも遮二無二 Issue を Close していくぞという気持ちになった。

ルールを決めて合意を取る

Issue を立て得る人は30人前後いる。その上で継続的に不要な Issue が放置されないようにするためには、職種問わず万人が Issue を不要と判断できる共通の条件を定めるのがよいと考えた。

そこで以下のルールを考え、サービス関係者全員に共有し、確認と合意を求めた。

  • 1ヵ月以上更新のない Issue は Close してよい
  • 1ヵ月以上の更新無しに Open にしておきたい場合は backlog タグを付ける

結果、多少議論があり、以下のルールを加え、合意が得られた。

  • Close 時にはタスクが完了したわけでなくルールによって Close する旨をコメントすること
  • backlog タグを付けた Issue も3ヵ月更新がなければ Close すること

合意とは言っても関係者全員から ok_woman されるのを待つみたいなことはしていなくて、以下のフローを経た時点で反対者が出なかったことを合意とした。

  • 関係者全体が気付けるよう周知した
  • 不満がある場合はコメントするよう求めた
  • 関係者がコメントをするに十分な期間待った

大 Close 祭り

正式にルールを施行できたので、いよいよ Close を始めた。

施行してから1週間を経たずして、800 ほどあった Open な Issue は 195 まで減った。それによって何か問題が起きたとは今のところ聞いていない。放置されていたものの対応する必要があった Issue もいくつか閉じてしまったけど、これをきっかけに再動し完了されたりしたので良かった。

まだ日が浅いので単に放置されているだけなのか近い将来対応予定なのか区別が付かない Issue も多くあるけど、1ヵ月経って完全に輪廻すればいい感じになるんじゃないかと思う。あと、今はほとんど自分が Close してるので、関係者全員に意識が根付けばいよいよゴールという感じがする。

まとめ

Issue 閉じていくぞ!!!!!