ravelll の日記

よしなに

PHPカンファレンス福岡で大規模Webアプリケーションの言語バージョンアップについてトークしてきた

f:id:ravelll:20170610233623j:plain

PHP カンファレンス福岡にて「1人から始める大規模Webアプリケーションの言語バージョンアップ」という題で登壇してきた。

speakerdeck.com

内容は少し前に終わったバージョンアップ業の終始をまとめたもの。

登壇した会場は600人収容のホールの半分ほどに椅子を広げた立派な場だった。これほど大きな会場で話したこともなければ30分の枠でトークしたこともなかった。加えて発表する頃には Mac のバッテリーが40%を切っていた。登壇直前は酷く緊張して胃が痛んだ。

発表振り返り

KPT で今回の発表を振り返ってみる。

KEEP

  • 発表前にスライドを複数人に見てもらう
    • 自分に無かった視点からのアドバイスが多くもらえて便利
  • 多くの部分は聴者を向いて喋れた
    • PC やスクリーンばかり見て喋ると時間が経つほど聴者と話者の距離が離れる思う

PROBLEM

  • 作るスライドの比率を間違えていた
    • 会場は 4:3 の表示比率にも関わらず 16:9 のスライドを作っていたので当日慌てて作り直した。お恥ずかしい、、
  • 言葉に詰まる場面が多かった
    • スライドの準備が遅れて発表練習をほとんどしないままの登壇になってしまった。猛省
  • 前夜祭で飲みすぎて二日酔い気味だった
    • ソフトドリンクを多めに飲んでもビールの絶対量が多いと翌日滅ぶことが分かった

TRY

  • スライド比率は事前に確認する
  • 発表練習をして言い回しを固めておく
  • 前夜祭でビールをやりすぎない

発表その後

参加者が多いこともあり、発表後の Ask The Speaker のコーナーや懇親会で何人もの人からレスポンスが貰うことができた。特に「バージョンアップやろうと思いました」と言ってもらえたことは、言葉にできない嬉しさがあった。

以前会社で @hsbt さんが「優れたアウトプットとはそのアウトプットによって人に行動を引き起こさせるもの」といったことを言われていたのだけれど、今回の発表は自身には数少ない優れたアウトプットとなったのではと思っている。

最後に

運営スタッフの方々、本当にありがとうございました。前夜祭から当日の懇親会まで、本当に楽しかったです!

また、カンファレンス翌日に After Hack として会場や無限大のビール等々を提供してくださった Fusic さん、ありがとうございました!

WEB+DB PRESS Vol.99 の特集記事の執筆に参加しました

f:id:ravelll:20170611173725j:plain

6/24 発売の WEB+DB PRESS vol.99 の特集1「Rubyで学ぶ!良いコードって何だろう?現場で光る変数、メソッド、クラス、モジュール活用法」を、GMO ペパボの有志たちで執筆しました。

変数・定数、関数、クラス、モジュール、またチーム開発といった視点から “良いコード” を書くために筆者らが実践しているテクニックや考え方ををギュッと詰め込んだ特集になっており、特に大規模な開発を始めたての人には得られるものが多い特集になっているかと思います。発売されたらぜひ読んでみてくださいね。

WEB+DB PRESS Vol.99

WEB+DB PRESS Vol.99

  • 作者: ?橋健一,谷口禎英,井本大登,山崎勝平,大和田純,内村元樹,坂東昌哉,平田敏之,牧大輔,板敷康洋,大?浩崇,穴井宏幸,原口宗悟,久田真寛,ふしはらかん,のざきひろふみ,うらがみ,ひげぽん,池田拓司,はまちや2,竹原,片田雄樹,渋江一晃,WEB+DB PRESS編集部編
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/06/24
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

僕は今回は諸事情から特定の章の執筆は担当せず、全体の文章レビュー担当として参加させていただきました。あまり貢献できた実感がなく申し訳ない気持ちなのですが、多少は役に立てたと強く信じて心の平穏を保っています。

Vol.92 から再度執筆の機会をくださった @june29 さん、また執筆全体を通してお世話になりました技術評論社の池田さん、ありがとうございました!また各章の執筆陣の方々、本当におつかれさまでした!

homebrew で vim をインストールするときに "Vim will not link against both Luajit & Lua simultaneously. Proceeding with Lua." と表示される問題

普段使いの vim は homebrew で --with-lua --with-luajit オプション付きでインストールしていたのだけど、少し前からインストール時にエラーが出るようになった。

Formula のコミット履歴を調べてみると、https://github.com/Homebrew/homebrew-core/commit/4a8352bb9d4c5d4bf4d9f39bc47b07fa41833cb0 のコミットによる影響だった。

このコミットによって、--with-lua オプション無しに --with-luajit だけを指定して brew install したときでも --enable-luainterp configure オプションが有効になるようになり、--with-lua--with-luajit 両方を指定するとエントリタイトルに書いたエラーメッセージが出て --with-luajit configure オプションが無効になるようになった。*1

なぜそうなったのかイマイチわからないのだけど、「vim: clarify lua/luajit linkage」というコミットメッセージから推測するに、--enable-luainterp configure オプションによる振る舞いが --with-luajit の有無に依存していたにも関わらず、あたかも --enable-luainterp--with-luajit の各 configure オプションが互いに疎であるかのようなオプション体系になっていたので、そうでないことを clarify したんだろうか。教えてもらえるなら教えて欲しい。

ひとまず、手元では --with-luajit だけを指定してインストールするようにした。それからエラーは出ていない。

*1:homebrew のオプションと configure のオプションが混ざってややこしい、lua は configure => –enable-luainterp, homebrew => –with-lua で luajit は configure, homebrew 共に –with-luajit .